合格に何が必要か?

自動車免許を取得するためには、大きく分けて二つの要素が必要となります。まずは、交通法規を理解する力です。車を運転するには、交通法規を理解していることが必須となります。それを理解していないと、安全に運転することなどできません。いつも私達が選んでいる手段とはまた別の、瞬時に状況を判断する能力なども必要になります。学んだ知識を実際の運転で生かす力が必要になるのです。

それと同時に、もちろんドライビング能力が必要になります。それは、どのくらいスピードを出せるかとか、どのくらい減速せずに曲がることができるかというような、レースに求められるような能力のことではありません。それも、やはりどのくらい安全に運転できるか、と言うことが関係しています。

例えば、交通法規の中には、いわゆる『スピード制限』があります。通常の道路では60㎞となっていますが、どこでもその速度で橋って良いわけではなく、道路ごとに設置された表記どおりに制限を調整しなければなりません。それを理解していないと、やはり安全に運転することができません。そういった標識の種類というような基本的なことから、もっと応用的なことまで、様々なことを理解する必要があります。